応募者情報など採用に特化した採用管理システム

求人業務をシステム化するメリット

企業業績を左右する優秀な人材を雇用できるかは、会社にとっては重要な要素になります。新卒や中途などの応募者情報の管理をシステム化できることで、採用業務に間違いがなくなり、求める人材をスムーズに雇用できるようになるものです。春先の新卒採用の時期などは、多数の応募が重なり、採用担当者も適切な判断ができなくなってしまうものです。応募者単位での情報管理を正確に進められるシステムを導入しておけば、多数の応募者からの問い合わせにも的確な対応ができるのです。

求人業務で問題になりがちな部分に、同じ応募者からの重複応募があります。既に面談を行った方からの再応募に時間を割いてしまうのは、人事の方にとっては、余分な労力を必要としてしまう部分でもあるのです。求人業務をシステム化することにより、新規応募者のみに自動的にしぼりこみが行われ、採用対象を厳選することが容易になっていくのです。年齢や学歴、業務経験など、自社の採用基準に従ったフィルターを設けておけば、適切な人材の採用も難しくなくなっていくのです。採用にかけるコストも、どの求人媒体から流れているかが把握できれば、費用対効果を判断することが可能です。求人業務をシステム化することで、採用にかける時間も予算も軽減できるのです。

人事管理システムとの連携も可能

採用管理システムを導入することで、採用時点から退職に至るまで、社員の人事管理を一貫して進めることが可能になるものです。採用時の評価から、実際に業務に就業した時点での人事考課をトータルで判断できるため、人事部の業務負荷も大きく軽減されていくのです。どのような人材を雇用することで、会社の業務が向上していったのかも、採用時点からの一貫したデータがあることで、正確な判断が可能になるのです。

人事が行う労務管理には、煩雑な手間が伴うものが多数あります。勤怠管理と連携して給与の計算が行えるようにすることで、日々の就労管理や、月末時点の給与計算にかかる人事部の負荷は大きく軽減されていくのです。日々の労務管理だけではなく、営業状況が変わり、人員の異動や退職奨励の必要が生じた場合でも、スピーディな判断が可能になります。変化の激しい状況であっても柔軟な経営が実現します。

求人業務システムの多くは、初期費用が少なく済む、月額定額制のものが多く見られます。クラウドを活用したシステムも少なくなく、利用場所を意識することのない活用が可能になっています。少ない導入コストと容易な操作性により、人事部の業務負荷を大きく削減していくことが実現できるのです。